ビザ・永住権・帰化申請なら 小松原行政書士事務所 (横浜)

日本人との結婚

 日本人の配偶者等ビザとは

 

 外国人が日本人と結婚した場合「日本人の配偶者等」ビザを取得できます。就労など活動の制限等が無く、入国審査も容易になります。在留期間も6ヶ月から5年と長期の在留が認められます。
 しかし偽装結婚等の防止ため、審査は厳しく、時間もかかります。

 

 申請方法

 

 市区町村役場に婚姻届を提出後、すでに在留している方は在留資格変更許可申請をします。在留資格を持っていない方は在留資格認定証明書の交付を受けなければ在留が許可されません。この申請で結婚の事実性、経済状況などを証明しなければなりません。「日本人の配偶者等」ビザ発給までには長い期間が必要となりますので、外国で結婚した場合、とりあえず「短期滞在」の資格で入国し、審査結果を待つ方法もあります。

 

 後日に追加で資料を求められることもあります。
 不許可になっても再申請できます。ご相談ください。

永住者との結婚

 永住者の配偶者等ビザとは

 

 外国人が「永住者」または「特別永住者」の資格を持つ外国人と結婚した場合、「永住者の配偶者等」ビザを取得できます。認められれば就労活動の制限が無く、入国審査も容易になります。さらに比較的長期の在留期間が認められます。
 日本人と結婚した場合と同様に、要件審査は厳しく、時間もかかります。

 

 申請方法

 

 すでに在留している方は在留資格変更許可申請をします。
 在留資格を持っていない方は在留資格認定証明書の交付を受けなければ在留が許可されません。
 夫婦一方の本国における婚姻証明書等が必要となりますが、準備する書類は国によって違います。また、結婚の事実性や経済状況などを証明することも重要です。
 たとえ不許可になっても再申請で認められることもあります。

離婚

 「日本人の配偶者等」または「永住者の配偶者等」の資格で滞在している外国人が、離婚・死別した場合、届出義務があります。在留資格変更許可申請を行い、事情により「定住者」ビザへの変更が認められます。
 届出が無い場合はビザが取り消されますので、あらかじめご相談ください。

トップへ戻る