ビザ・永住権・帰化申請なら 小松原行政書士事務所 (横浜)

留学ビザ

 

 日本の大学、各種専門学校や日本語学校等で学ぶ場合、「留学」の在留資格を取得する必要があります。
 入学する学校・課程により、3ヶ月から4年3ヶ月までの在留期間が決定されます。
 1週間に10時間以上の聴講が義務づけられていて、アルバイトをする場合は「資格外活動許可」を受ける必要があります。

 

 申請方法

 

 入国する2ヶ月前までに在留資格認定証明書の交付申請を入国管理局に行い、その交付された証明書を日本大使館または領事館に提示して査証(VISA)の発給を受けます。
 すでに入国している場合は在留資格変更申請が必要です。

留学中にアルバイトをする

 「留学」の資格で滞在している場合、原則として収入を得て働くことはできませんが、資格外活動許可を取得することにより週28時間以内(夏休み中は1日8時間以内)の就労が認められます。
 新規入国の場合、入国審査時に申請することも可能です。

卒業後に就職する

 卒業後、日本の会社に就職する場合は在留資格変更許可申請を行う必要があります。

卒業後、すぐに就職できなかった時

 卒業後も引き続き就職活動を継続する場合は、「特定活動」ビザに変更しなければなりません。許可要件が厳しくなるので、当事務所にあらかじめご相談ください。

 

 

トップへ戻る